記事一覧

実験的に値引きします。

★以下は2019年6月16日で各セット販売終了し元の金額に戻りました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆実験的に(大口取引先からの申し出)で価格を大幅値下げします。
 但し物品販売のみで、ソフトに関してはこの後特価で販売します。
、数量に限りがあります。

◆WEBカートで数量が無くなり次第完了です。

★以下物品は以下の流れで配送になります。

①:WEBカートで申込み若しくはお問い合わせから申し込み
②:こちらからメールします。
③:決済後、決済から1週間以内に配送になります。
④:配送はクロネコ送料着払いです。
・クレジットカード決済可能です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<PC関連>
・TTL-2/BOX◆→TTL-3/USB_eeprom(改) ケース無し 1SET @1万円
黒ケースが無くなりました、ケース無し基板むき出しです。
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=TTL-2

・TTL-3/DP_Lenovo 解除台数20台 制限付き 1SET 1万5000円
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=Le0020160129

・Lenovo Biosパスワード (リセッター)1SET @1万円
ケース無し
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=TTL-3

・MAC PIN Code Gen 解析器 @3万円
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=MAC_29018001
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★以下は2019年6月9日で各セット販売終了し元の金額に戻りました。

<PLC関連>
※各セット定価:17万8000円→5万円、解析台数制限有り 25台 

・PLC Lock Reminde 三菱FX・An・Ana系
付属品セット PLC接続ケーブル
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=PLC_MM2901

・PLC Lock RemindeⅡ 三菱 Qn系
付属品セット PLC接続ケーブル
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=PLC_MM2901

・PLC Lock RemindeⅢ オムロン系
接続ケーブルは純正ケーブル使用
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=PLC-OM2918071

・PLC Lock Reminde四 Nais FPx系
接続ケーブルは純正使用
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=PLC-OM2918071
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<お問い合わせ>
・質問他納期等は以下問い合わせください。
http://www.ogatama.com/n1/form.cgi

コメント一覧

汁か割れ 2019年06月04日(火)13時19分 編集・削除

小川さん、山根さん、大内さんゴブッす・・・

今回50%-OFFなんですね、山根さんがメールで書いていた

在庫セールでは無くて?

さてさて、今回WEBカート注文しましたまた先ほどグワッシ~ってATMに行って

送金しました。

山根さん曰く7~8に配送と回答が来ており、今からワクワクです。

50%-OFFのお蔭で今回約20万得しております。

ではでは、

待つマイ汁か割れ でした

ヨハネスになりたい人 2019年06月17日(月)09時13分 編集・削除

今回特価という事で、2個購入しました。

というのも同志の集まりで今年のコミケ何やるという事でこの話が出ました。

私の周りでも購入してできなかった方が数名いました。

でも幾つかの助言で成功している方もおります。

私はすでに20個程過去に購入しています、それは成功しているからです。

実はこれを購入した際にUSBメモリー内のPDFには情報欠落が有ります。

柏木よっちゃんの当時の同人誌には(FF)を削除して詰めるという書き込みがありました。

実はこのPDFには情報流防止策が有って、FF領域がeepromの堆積オーバーになります。

[[140Byteの(FF)を無くします]]

この文面が同人誌には記載がありました、きっとこちらで購入した際の資料には

同人誌が含まれていなかったと思います、上記の1文が無い状態と思います。

ボードのeepromに書き込む

まずボード上のeepromを吸い出します、PDFの資料を見て、空白エリアにこのデーターを

FreeのHEXエディター等でPC上で作ります、そして書き込むのですが、ここにも問題が有って

ボード上のeepormは一定のタイミング以外は(WP)ライトプロテクトがONになっているので

書き込みができません。

書き込み成功したのに、ベリフェーでエラーが出たという事になります。

そこで、24C01のeepromを通販で購入します、ボード上のeepromを剥がしそのeepromは使いません。

TTL→eeprom→ボードに接続します、24C01のeeprom(WP)は電池GNDを接続します。

すると、24C01に書き込みでき完了後、D●Mは誤動作をします、それを誘発させる為のクラッキングツール

なのです。

元々D●M機の裏のUSBポートはSEが一時解約した端末を復帰させるための、ロックキーポートで

SEがPCにシリアルを入れると、一時的に80ByteのデーターをUSBメモリーにIPLとセットでできます。

それをD●Mの裏ポートに差し込むと、開通コードを外部サーバーに問い合わせして、一時ロックを解除します。

その80Byte先がUSBポート近くのeeporm(24C01)なのです、ただUSBからBootした際にIPLでeepromの(WP)をOFF

するコマンドが有ってこの時だけeeprom(WP)はプロテクトOFFになります。

その為、素で作業してもこのeepromに書き込みができないわけです。

ボード上のeepromを使うのではなく、別に用意したeepromを疑似的に扱い操作する事で制限が解除される方法を

柏木よっちゃんは同人誌に書き込み1部のコミケ通いの連中はこれらの情報を増幅しオークション等で稼ぎまくりました。

現在のD●M機器はFlashi-ROM上に有り、eepromはありません、Flashi-ROMを剥がしライターで同じ情報を書き込みすれば

解決はしますが、手間と技術が必要です。

この機器を使えば、ほぼオフラインで半永久に歌えます、新曲は更新されません。