記事一覧

SonyOneTimePassword ツールできました

ファイル 172-1.jpg

皆さんが苦戦して探されている[Vaio On time Password]ツールの開発に成功しました。
実はDELL同様スポンサー様からの支援を得て開発しました。

以下はDELLの生成ソフト
 http://www.ogatama.com/dsp/diary.cgi?no=171

こちらもDELL同様 2013年2月4日から1か月募集しました。
協力支援頂いた方は

本来は1口10万ですが今回大口の支援を頂き開発ができました。
開発し成功した場合生成ソフトは無償提供し最悪作れなかった場合でも3/1返金という
従来と同じ決め事でお願いしました。

・企業様:69社
・個人様:18人

例のごとく協力頂いた方には生成ソフトを無償で提供しました。

また一般での生成ソフト販売は開発から5年は販売しないと言う事で今回制作しました。
この5年間でガシガシ解除して利益を出されてください。
(この生成ソフトは一般販売は行いません拡散防止の為)

こちらも解除コードを生成します。

http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=SCP-29081

DellのBiosパスワード解除方法

ファイル 171-1.jpgファイル 171-2.jpg

つい先日までのDELL-PCはPC内部マザー上にeepromが存在していました。
そのため短絡技が通用しましたが現行の機種はこのeepromがマザーから消え
短絡技+C-MOSクリアーが通用しなくなりました。

またロック中のSVC-TAG(従来迄)変更可能でしたが、ロック後は変更できなくなりました。

・eepromが存在するPC
SVC-TAGがxxxxxxx-2A7Bまでの機種それ以降の以下の3種類はマザーにeeprom
有りません。

・1D3B
・1F5A
・3A5B

ハード経由でのパスワード解除はBiosフラッシュにアクセスすれば良いですが
この場合手間が掛かります。

そこで新たに生成ソフトを開発しました。

2013年2月4日から1か月の間スポンサーを集い開発費を用意しました
やはり大口取引先はこのような連絡をすると我先にという具合で開発費を出してくれました。

1口 10万でお願いしました。

開発し成功した場合生成ソフトは無償提供し最悪作れなかった場合でも3/1返金という
従来と同じ決め事でお願いしました。

今回協力頂いた
・企業様:51社
・個人様:17人(内12人は常連様)

製作費は529万掛かりました、それに伴いPC裏側のバーコードから解除コード
を生成するハードの開発も行いました。(現在試作段階)
(売価:58万を予定)
協力頂いた企業様、個人様にはソフトを無償提供しこちらは今後の解除で利益を出す事になります。

ついでにHDDの解除もできます、現在一般からの解除は制作コスト上安くは無いですが
1台8800円です但しPCの配送は不要です。

http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=D-0100900A1

現時点で(2013年9月2日現在)で以下の形式の解除ができます。

Latitude E6420,E6430,E6430,E6430s,E6520,E6530,E5420
Latitude E5420M,E5430,E5520,E5520M,E5530,E6220,E6230
Latitude E6320
Precision M6600,M4600

Latitude E6400,E6500,E6510,E4200,E4300,E4310,E5400
Latitude E5410,E5500,E5510,E6400,E6410
Inspiron 15R N5110,15 N5040,M5040,15 N5050,13z N311Z
Vostro 1540,3300,3400,3550
Inspiron 15 M5010
Inspiron 17R N7110,17R SE 7720,17R 5720,14R N4110,N4120
Vostro 3450,3750 N5050
XPS 14 (L401X),15z (L511z),17(L702X),L502X,L321

※やはり景気が低迷しているからと思いますが、以前は2001年頃はこのような話を持ち出すと
 1社1千万の開発費提示が合って案外楽でしたが近年開発費提供が少なくなりました。
 1社勝ちだとこの1社しか解除ができないので後々利益で十二分に利益は出るのですが。

◆前回の用に(GPL)拡散されてしまうため、ソフトは販売しません。
 現時点では(5年は販売しません)唯一開発に協力頂いた方のみ
 ソフトを保有しています。
====================================================================================
★現行機種のSVC-TAG変更できます、マザーを交換したけど、ベースボードのSVC-TAGを変更したい
 できればMACアドレスも変更したいなど、可能です、1台 8.800円でお受けしております。
 
依頼はお問い合わせにて問い合わせください。
 http://www.ogatama.com/n1/form.cgi

東芝biosスーパーバイザーパスワード解除方法

ファイル 170-1.jpg

山形県南陽市 町田様からの質問を頂きましたのでこちらに記載します。
(本人の希望でWEBにUPします)

質問します
東芝biosスーパーバイザーパスワード解除方法を至急教えてください。
出来ましたらメール返信でなくブログに記載頂きたい。


と!言う事で簡単に回答しておきます。

東芝biosスーパーバイザーパスワードの格納場所はBios-Flashiです。
Bios内のシステムメモリー領域NVRAM上に有ります。
ただこの領域に書かれているのはハッシュデーターですので
このハッシュデーターを取り出し逆算されてください。

オールゼロ化しても解除はできません、ハッシュチックサムとビットエリア
はパスワードハッシュ領域と違います。

解析七面戸くせーもっと簡単にできないの?なんて言われそうですので
簡単にする方法をお教えします。

同じPCを2台用意してください。

A:1台目はロックされていません。
B:2台目はロックされています。

2台共に分解します、A側からBios-FlashiからBiosイメージを取り出し
B側に書き込めばPCとしては一様使えます。
但しLANのMACやシリアル番号が被ります、同じシリアルのPCが2台になる
という事です。

解析した場合
上記載の用に2台用意してA側とB側のHEXをDOSのfcなどで比較します。
A側のHEXとB側のHEXシリアル以外の変化が有る場所を解析します。

東芝の場合Biosは自社Biosですが構造は2001年の新Verと其のままですので
1度解析ができてしまえば全て同じです。

プロフィール

リンク集

過去ログ