記事一覧

HDDパスワード 解除方法+ソフト #2

久々にアクセスログを見ていて
案外HDDパスワード解除関連にアクセスが多いことに気が付いた。
じゃ~簡単にパスワードを解除できて、フリーなソフトは無いかと
探してみると・・


「アングラツール」なら沢山のリンクが有るので
ネットでも「グ~グル」辺りで(HDD Password Unlock)などと
入れると多数のサイトが出てくるが殆どが、悪意の有るソフトを
ダウンロードさせられる、そのため、ダウンロードしたらネットとは
隔離されたPC上で動確認するしかない・・・当方の推薦とまでは行かないが
当方でも当方関連企業でも使用しているMHDDフリーを紹介しよう。

このツールはパスワード解除だけのツールや、痒いところに手が届くツールを
無償で提供している、尚このサイト以外での(偽者)が多数出ているので
注意が必要、偽者をうかつにダウンロード(実行)するとHDDが壊れる
と言ってもMBRを書き換えられてしまうので、起動ができなくなる。
(はたまた、DOS上で動くウイルスに感染するので注意が必要)

・海外のサイトで、HDD関連のツールを作成している法人が有るので
其処を晒しておく((コチラは本家の本物))

ツール関連のソフトは
http://hddguru.com/content/en/software/2005.10.02-MHDD/

HDDパスワード関連「解除ツールは」MHDD ライセンスはフリーです

http://hddguru.com/content/en/software/2005.10.02-MHDD/ 

最新はVer5のはず、USBからもOKだし、DOS上でも使える、親切に
CD-Iso配布もしている、CDからBootなど。

その他のダウンロード
http://files.hddguru.com/download/Software/

※尚このWEB上は全て英文ですので「ツールも英文」ですので
 多少の知識が無いとNG、尚ソフトの使用は個人の責任下にてご利用ください。
 使用した際の如何なる損害その他の損害は当方及びWEB製作者やソフト配布者は
 一切の責任を追わないものとします。
 「つまりアングラ系ツールと言うことです。」

コメント一覧

kokono (03/11 13:41) 編集・削除

こんなサイトが有りました
ネットで遠隔HDDパスワード解除らしいです。

http://junkletter.seesaa.net/article/104579602.html

ヤスさん Eメール (12/03 16:23) 編集・削除

HDDのパスワードの解析ツールをA、FF Repair
stationよりダウンロードしてUSB接続で試みましたが、HDDを認識しません。使用方法がいまいちわかりません。何かいい方法がありましたら教えてください。

大内 誠 (12/03 17:35) 編集・削除

USBHdd接続の場合、使えるコマンドに制限が有るので
高価なUSBHdd変換BOXを使わないとHddの認識すらしません。
「アダプテック社製」とかのUSBHdd変換BOXであれば
可能です。

安くやるのであれば、USB変換を使わず、ディスクトップ内のマザーからIDEもしくはSATAから直接Hddに接続してソフトを動かせば認識はします。

認識してもPaypal決済でポイントを購入しなければ
解除は出来ませんが、(Free)の状態だと解析しません
ポイントを購入後「体積に応じて」ポイントが必要になります。

メールの質問回答#3

ここ3~4日のメールで
以下のような質問が多いいので回答します、尚個々のメールには
回答済みです。

>IBM吸出しをやりたいのですが、機材「吸出しケーブル」が有りません
>ケーブルは市販されていますか?

>自分で部品を集めて作られるか、当方に依頼すれば、ケーブル+吸出しソフトの
>CDや資料を販売することは可能です、シリアルポートの有るPCが必要ですが。

>吸出しケーブルのみの販売も可能ですか?
> 

>可能です、ケーブル+ICクリップ付きで、送料込み5500円になります
>代引き配送も可能です。

IBM系吸出しケーブル及びソフトは当方に依頼いただければ、(1SET)1万500円で販売致します
詳しくはメールで「info@mail.ogatama.com」まで、(件名:吸出しケーブル)でお願いします。
尚詳しいマニュアルその他画像、解除方法を1枚のCD内にHTML形式で説明しています。

CF-W5 基盤上チップパーツの並び

ファイル 30-1.jpgファイル 30-2.jpgファイル 30-3.jpg

本日CF-W5の解除について、M/Bを外された方にお知恵をお借りしたく
記載します、基盤のVerなのか、TPMチップ下のチップ抵抗と
ダイオード「JP」箇所の並びが違うと、同業者から連絡が有り
現在知らべております。

もしM/Bを外されて、画像を以下のアドレスに頂ければ
「現在の画像と違う画像」+シリアル+M/Bのシルクコードを
教えていただければ、謝礼を致します、1件500円を検討しております。

M/BのVerが変わったかもしくはTPMのVerが違うのか、現在同業者
でも確認中です。

尚このTPMの初期デフォルトを中国のベンダーメーカーから購入し
部品実装機にて交換しましたが、現状では解除はできませんでした
基盤のVer違いにより解除方法が変わっているのか、現在研究中です。

コメント一覧

大内 誠 (04/02 15:03) 編集・削除

以下のURLにて解決しました
http://www.ogatama.com/diary.cgi?no=56

プロフィール

リンク集

過去ログ