記事一覧

=Lenovo G系最悪のシナリオ=  IPL破損・・

ファイル 128-1.jpeg

※以下元のWEB( http://d.hatena.ne.jp/hikouseki/20100605 )

1. Lenovoサイトで純正BIOSをダウンロード
2. 再起動(Windows7-64bit)後にダウンロードしたプログラムを実行
3. "VERYFY ERROR"と出て、途中で止まる(別にPCが落ちたりするわけではなく
   普通に書き換えプログラムがエラー出して終了する)。
* このときは、プログレスバーのかなり前半で止まるので
   ファイルが壊れていたために、自己チェックで中止したのだと思った。

4. もう一度ダウンロードし直して、プログラムを実行
5. やはり同じ"VERYFY ERROR"が出て、止まる。
6. 上記勘違い(?)のため、BIOSの書き換え以前の自己ファイルチェックで失敗したものと思い
   今回はこれ以上試さないことに。
7. パソコンをシャットダウン

8. 電源投入後…BIOSもLENOVOのロゴもでない!!
9. HDDのアクセスランプだけが断続的に点滅。そのまま放置するも何も起こらず。
10. 電源抜いたり、バッテリー抜いたりして電源入れなおしたりするが、なんともならない。

◆>上記載の時点でPC内のBiosは破損しています。
  
□>>当方ではお預かりから中2日で100%治せます、Biosデーターを3人のスタッフで
   吸い出したBiosデーターを(HEX)を修正し直ぐにPCに書き換えます。
   
◆価格を随時見直しています、例えばG560の場合、4月1日時点では
 1台修復が1万2800円でした、これが1ヵ月後には1台7800円になり
 5月16日には1台5000円になりました。

※価格見直しと言うのはそれだけ依頼の台数が多ければ見直しの対象になります。
 ここ2ヶ月でG560に関しては1500台を超えております。 

※上記3.の段階でBios破損です(Windows起動時にはWindows-Bios)で起動しています
 (PC本体のBiosは起動時のみ起動これが壊れると再起動後悪夢が・・)

◆>USBメモリからBIOS復旧する手段が残っているっぽいことがわかった
  (InsydeH2Oとかいうものの機能が使えるらしい)が
   肝心の書きこむべきBIOSファイルが、今のところ配布されていないらしい。

□>>どの程度の破損か毎回まちまちなので何ともいえませんが
   殆どBiosアップデート失敗は(過去実績)上ではIPL領域の破損
   データー欠落のため殆ど一般には修理不可能
   IPL破損の場合USBから起動すらしません、それに書き込むべきBiosを
   メーカーが配布していません。 


※以下当方で修理受け付けています、以下URL参照
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=I-000100015

プロフィール

リンク集

過去ログ