記事一覧

久々の大内です。

ファイル 357-1.jpeg

此のところHP解除に関して質問が多いいので、以下回答します。

・WEBカートは嫌がらせ、他人の住所orメールアドレスで購入する方が日に10~20件これが
 約半年ほど続いたので、WEBカートから削除しました。

・HP(ディスクトップorノート)解除できます、現在はeepromでなく、Bios領域Flashi-ROM上にあります。

・解除or見積もりは→お問い合わせから質問してください。

・概算で大半1週間で解除します。

質問回答です。

世の中はGWだったようですが、私は3月20日から色々と現地に出向き現地解析や

現地での解除をしておりました、帰ってきたのも昨日で、また週明けに20日ほど現場に出ます。

工業設備から医療機器関連の依頼が多く、忙しいです。

[有っちゃ方向の半ライスの大盛り 様]ご無沙汰しております。

(PLC Lock Reminder)は大活躍でしょうか?

PLC Lock Reminder_miniは一部のお客様オーダーで製作品です。

PLC Lock Reminder_miniは依頼(決済)頂くと10日以内に製作し納品しております。

実はPLC Lock Reminder_miniはPLC Lock Reminderよりも小型で多機能です。

1部価格見直しの話しも有るPLC Lock Reminder系ですが、PLC Lock Reminder_miniは

押しボタンや、LCDはありません、俗に言うTTL-3/USB_Lenovo系のケースに収めております。

・TTL-3/USB_Lenovo
http://www.ogatama.com/cart.cgi?id=TTL-3

上記のケースからRS232Cのプラグが出ていて、ローダーケーブルからPLCに接続します。

操作はPC上でのコンソールソフトで行います。

・PCーUSB経由→PLC Lock Reminder_mini→RS232C→PLCになります。

ただオーダー製作品で内部プログラムが一定で無いので(主にFC系)エレベーター屋さんとか

立体駐車場関連の企業が社員全てに持たせる為の機材として製作納品しています。

年間でいうと200個ぐらい出ます。

一般企業向けで出したのは数個です。

・製作して、1SET(無制限)で10万~20万ぐらいでしょう、但し機能を制限する場合、最低は5万から

 作ります。

またまた大内です

久々の大内です。

HDDパスワード解析について質問が多いいので回答します。

★1日にいろんな質問だけで220通ぐらい来ます、前は日に300通ぐらいでした。
 わかることは惜しまず、教えます、別に隠す事はありませんので。

HDDやSSDに関する質問は大体20件~30件です、ナビのHDDをSSDにしたいとか、質問来ます。

・まず一般のPCショップで言うHDDパスワード解除は、ロシア製のPC3000を使います
 以下URL参照
 https://www.pc-3000.jp/

・でもこれって買うのに講習orリースでは?という話が何件かありました、300万も用意できれば
 メイン一式とモバイル一式手に入ります、使い方も教えてくれますしね。
 大内はお付き合いの有るショップと過去数回講習会出ております。

・お付き合いの有るショップがクラウン買うつもりで買いました、それも4台も、すでに
 元は十分取れているようです。

・いやいやそうじゃなくて、SSDのパスワードを消すか、分かればHDDを初期化して再販
 できると思うのですが、それを低価格でやりたい、方法を教えてください
 こんな質問が来ます。

◆まず解析機材他はある程度の知識が必要なんです、それに楽して解析したいという質問が多く
 決して楽ではありません、逆に言うと、お金をある程度出して、講習等をして使い方を教えてくれる
 https://www.pc-3000.jp/ が良いと思います。
 

・マイコンでHDDエディターを作った事があります、IDEのHDDのMBRからセキュリティーエリア迄を
 バイナリで取り出すマイコンor RS232C経由でPCコンソールに表示する機材ですが、IDEの時は
 これで解析していました。
 IDE→S-ATAを使いS-ATAも解析できます。

・マイコン上でのDOS(シェアウェアー)を使いHDDとマイコンでやり取りします。
 セクターバイナリ管理ですので、PCで言うBios領域やセキュリティーエリア等は
 バイナリで表示ができます。

・ちょっと工夫すれば、基板上のファーム領域やeeprom領域も取り出せます。

これらは全て自作です、製品物では無いので、雑ですが使えます。

海外のWEBでは応用方法が案外出ています。

https://www.opend.co.za/hardware/avride/avride.htm

あとはこれとか
https://www.pjrc.com/tech/8051/ide/

何それ意味わかんない、等と言われそうですが、HDDパスワードって、PCのBiosに依存しているだけで

PICやAVR等のマイコンで接続した場合単にバイナリーで読み込みができます。

・少し機転や応用ができる方であれば、シリアルコンソール経由で、HDD内のセキュリティー領域を
 呼び出し、バイナリーエディター風に表示する。
 もしくはパスワード領域を検索し表示する、等の方法があります。

・どのPCにHDDを差し込んでも、パスワードの画面が出るのは、俗に言う、共通の領域が存在するからです。
 すでにBios上で固定化された領域をマイコンが検索取り出し、16x2のLCDに表示する事も出来ます。

・数年前はオーダーで製作していました、数十件に納品しており、物は基板剥き出しです。
 ただ納品した先方に聞くとIDE→S-ATA変換を使えば、SSDにも対応しているそうです。

・現状でも使えているというので、HDDパスワード(セキュリティー領域)は変わっていないということでしょうね。
 こちらがやる気が有れば、HDDパスワード(セキュリティー領域)をクリアーする方法も有るのですが。
 製作コスト上見合えば作ります。 

◆もしこれらの機材を用意できた場合、どのように解析するのか?

実は簡単なんです、ロック前の各セクターバイナリーとロック後のセクターバイナリを比較すれば良いだけです。
HDD全体を暗号化している場合は無理ですが、何も入っていないHDDやSSDでこの方法をやれば、なるほどあそこか
となります。

・そして[0000 / 1111 / 2222 / 3333 / 4444 / 5555 / 6666 / 7777 / 8888 / 9999]と設定して
 0~9の並びでどのように変化するか、それがバイナリーから数値化できるのか、わかれば
 後は楽勝です、なぜならそれをマイコンで自動化してLCDに表示すれば良いだけで。
  ロックのかかったHDD、SSDをマイコンに接続、電源ONで数秒後には設定されているパスワードが表示
  されるという代物です、ナビとかカラオケとか360とかのHDDをSSDにしたい方はこのような機材を用意
 
自分で作るか、もしくは対価を払いプロに製作してもらう方法もあります。

 もし作ってくださいと頼まれたら、大内なら50万未満で製作期間3か月で作ります。
 その場合1台だけでなく数台納品します。

 基板設計して、基板をオーダーで作り、ケース加工依頼してそこそこの物を作ります。
 以降の機能は特に解析に関しては別見積もりです。

★話は変わりますが、今頃[日本ハッカー協会]に微妙に興味があります。

https://www.hacker.or.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASL976WCRL97ULZU00P.html

https://phantomcryptomining.com/deepweb/2018-09-14-004/

俗に言う(ホワイトハッカー)養成なのか企業に出向いてサポートするのか不明ですが

★ハックできるスキルが1つでも有ればOKだそうです。

・ただ大内が2年に1回海外のハッカー専門の国際会議的な場に呼ばれて行きますがこれって
 これって概要を見る限りWEBやメールに関してのハッカーで大内のようなレガシーハードのハッカー
 は含まれないと思います。

・興味のある方は登録してみては?

またまた大内です。・・

一般社団法人日本ハッカー協会に試しに登録してみました。

この後どうなるのか、ワクワクです。

5000円以上寄付するとTシャツ貰えるそうです。

https://www.hacker.or.jp/donation/

このTシャツ着て秋葉で徘徊していると、捕まりそうというか着ている人見た事ありません。

仕事の斡旋もしてくれるそうです、メリットはそれだけ?

弁護士も支援してくれるそうです、ただコメントに(逮捕されたときは、)らしいです。

会員になって、寄付して、真夏の暑い昼間に、秋葉原でこのTシャツ着て徘徊中に職質or逮捕されたら

有料で弁護していただけるのでしょうか。

冬は良いと思いますが、自らハッカーですという人はどれだけこの日本にいるのやら。

逆に

Mail Bomb or なりすましメールを同士に以下のURLを送って買わせて

https://clubt.jp/sp/product/153673.html

100人規模で秋葉原徘徊したらTVに写りそう、職質or逮捕されるかも。

プロフィール

リンク集

過去ログ